東京新宿にある整体指圧・鍼灸|テラフィあけぼの橋

顎のトラブルが強烈な肩こりとなる

強烈な肩こりと顎の問題とその予防法を考えてみます。
来院の多い原因の1つは顎の問題です。

 

咬み合わせの悪さや歯ぎしり食いしばりな
どは頸椎に大きく影響を与えています。

 

毎日使う咀嚼運動。
食べるときばかりではなく無意識に昼も夜も
顎を動かしています。

 

咀嚼運動が強烈な肩こりと通常考えられ
ない症状を起こすようです。

 

顎の問題で起きる頑固な肩凝りは噛むとき
の首への負担です。

 

咬むときの力はおおよそ70kg前後かかると
言われています。
三倍の力が頸椎にかかってしまいます。

 

噛みしめ歯ぎしりの時に負担がかかってい
るとしたら強烈な凝りが出てくるのも理解出来ます。

 

問題は予防出来るか?

 

歯ぎしりは歯医者さんに相談してマウスピー
スで保護するという手があります。

 

噛みしめ、食いしばりは意識化することです。
自分で意識して口元をリラックスすることです。

 

では頑固な肩凝りは?

頸椎第2番へのねじれ矯正法か鍼での施術がオススメです。
下のようなトラブルが解消することが多いです。

 

よくある顎のトラブル

 

三叉神経痛
 歯茎の痛み
 歯の痛み

 

めまい、ふらつき 
頑痛(ガンコな頭痛)
頑固な肩凝り
耳鳴り
耳のつまり感
睡眠障害
開口障害

 

顎と首のこり関連ページ

歯ぎしり、噛みしめ。食いしばりに効くツボ療法
噛みしめや食いしばり、歯ぎしりによる首のダメージわケアします。
噛み合わせの調整
噛みしめや食いしばり、歯ぎしりによる首のダメージわケアします。
首と顎関節
噛みしめや食いしばり、歯ぎしりによる首のダメージわケアします。
強烈な首コリ
噛みしめや食いしばり、歯ぎしりは、ひどい肩こりになります。
歯の痛み 首のこり
噛みしめや食いしばり、歯ぎしりによる首のダメージは歯の痛みにも現れます。
顎関節症
噛みしめや食いしばり、歯ぎしりによる顎関節症について。