東京新宿にある整体指圧・鍼灸|テラフィあけぼの橋

腰と骨盤矯正記事一覧

腰痛は腰の負担にあることは間違いありません。腰痛の原因は日常の動作の中にあることが多いです。ただそれが思いいたらない場合もあります。原因不明と呼ばれる腰痛です。その中の1つに昔の古傷が原因ということがよく目にします。特に多いのは足首の捻挫。それもずっと以前のけがの傷が原因であったということは珍しくありません。腰の治療は腰だけではなく原因部位にアプローチすることで将来的におこるであろう腰痛の予防にな...

腰痛は現代医学では原因不明の腰痛[一般的な慢性腰痛]、椎間板ヘルニア、筋筋膜性腰痛、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症、変形性腰椎症、骨粗しょう症や内臓疾患など原因は様々です。その中には、緊急性のある腰痛もあり、その場合は、速やかに医療機関への受診を強く勧めています。年々今まで分からなかった、又は原因不明とされていた上殿皮神経障害のような症状も診断される確率が高くなりました。指圧や鍼灸の臨床現場で...

腰痛は、平成25年度の統計では、男性で1番、女性は、肩コリについで多い症状の一つです。当院では腰痛で来院される方が多い症状の一つです。私自身も、20代中盤で3ヶ月間続く腰痛と30代でギックリ腰を経験しました。今まで健康だっただけにとても驚きました。これは後に仕事柄、得難い体験でした。腰痛は、若い方では、スポーツやストレス。中高年では、姿勢性の腰痛が多いのが特徴です。高齢者の方は、腰椎の変性が多いの...

弟が腰痛になっているので時折田舎に帰り指圧をしてきます。終わった後や翌日などは、腰に羽が生えたようだと嬉しいことを言ってくれます。弟の仕事場で作業の風景を観察しているとどうしても腰に負担のある姿勢が多いのは仕事柄仕方ないでしょう。農家の弟の腰痛は前屈みやしゃがんでの作業が多いことによる腰痛です。前屈みで多用する作業は腸腰筋の疲労が重なります。農家の作業は、春は苗を育てるために前かがみ。初夏は、まだ...

腰部脊柱管狭窄症は脊髄神経の通る管である脊柱管が狭くなるために起きる疾患です。脊柱管が狭くなる原因は加齢によって狭くなるものの他に先天的なものもあります。中年以降に起こる狭窄は脊柱管の靭帯、肥厚、椎体や椎間関節の骨の出っ張りなどが原因です。神経は狭い脊柱管によって圧迫を受け下肢の神経痛を誘発します。狭窄は脊椎の形態上を立った状態や歩行時に腰を後ろにそらした状態で強くなる傾向があります。このためこの...

1日の1/3以上ディスクワークの人は、眠っている時間と同じくらいか、それ以上を椅子の上で過ごしていると行ってもいいかもしれません。デスクワークなどで腰が重くなったり痛くなる方は、多いものです。それは、座った姿勢で腰にかかる負担が大きいからです。体重の60パーセントも腰に腰に負担がかかるそうです。長い時間のディスクワークになると姿勢が崩れてしまいます。負担のない姿勢にカラダが動くからです。これが体に...

車で一番腰に負担をかけてしまうのでシートの低いスポーツカータイプです。その次がセダンタイプ。車から降りる時に特に腰が痛む方。腰が慢性筋肉疲労になってしまったために緊張で硬くなった状態になっています。プロのドライバーの方で長時間の運転を仕事している人は、同じ姿勢による疲労と腹筋が弱りやすくギックリ腰などの起こしやすくなります長時間同じ姿勢や重量物を手積み手降ろし作業があるとさらに腰に負担がかかります...

看護婦さんの仕事はとてもハードです。特にリハビリ病棟では片麻痺の方や寝たきりの方も多いので患者さんが移動しやすいように普通の病棟よりもベットが低くしてあります。ベッドの上で入院生活を送っている人も少なくありません。排尿、排便、食事、着衣、また介助や傷の処置などを行うときどうしても腰をかがめることが多くなります。患者さんの体位を変える時なども無理な姿勢で力を入れることもしばしばあります。こうしてるう...

デスクワークの仕事ですが長時間同じ姿勢で座っていることは辛いです。座っていて立ち上がると腰が痛くてすぐに伸びません。歩く時も腰が重く、腰を曲げたまま歩くと痛くありません。時間とともに歩いている間に治るのですが翌日座って仕事をすると同じように立つと腰が曲がった状態です。腰を曲げる時に使う腸腰筋の慢性筋肉疲労が原因のことが多いです。慢性筋肉疲労は、筋が硬くなることによりスムーズに筋肉が伸びないので引っ...

だんだんお腹が大きくなると腰痛に悩む方も多いのですが、指圧は大丈夫でしょうかという問い合わせがあります。指圧やマッサージは、胎動が始まってからが安心です。お腹の中で劇的に変化しているからです。お腹が大きくなるにつれてしんどくなります。腰回りの重い感じを改善します。腰の筋肉もほぐれ楽になります。妊娠の方は、状態に合わせて指圧の方も体の負担にならないようにします。指圧の方法は、横向きでの指圧です。全身...

どうして指圧で腰痛が改善するのでしょう?腰痛にも幾つかのタイプがあります。このタイプに合うやり方にマッチすれば、改善します。指圧の場合は、場所と本来の問題点を探します。腰椎の状態(弾力)をチェックし、陥没の具合や腹部臓器の反射や骨疾患ということを確かめます。動作をチェックし、歪み具合を確認します。深部腹部のコリを確かめて指圧をはじめます。下腹部コリの状態により、やり方を変えますが、ゆっくりと浅いと...

10日前に足首をひどく捻った捻挫で腰痛になった。これは、捻った足かばって歩いているうちに腸腰筋を疲労させ腰痛になってしまった。腸腰筋は、姿勢を保持する腰の筋肉の一つですが疲労すると腰痛となって出てきます。また腸腰筋は、正確には、大腰筋と腸骨筋で構成されています。起始は腰椎の一番から五番。腸骨にベタッと張り付いています。停止は、大腿骨(小転子)。腰を曲げたり、お辞儀をしたり、また前かがみでの作業、荷...

腰痛は、突き詰めると運動不足によるものが多い。運動不足から来る腰痛の震源地はズバリ股関節です。股関節は大腿骨の先端にある大腿骨頭が骨盤の外側にあるくぼみ入り、肩関節と同じようにあらゆる方向に自在に動くのが特徴です。ディスクワークなど長時間に及ぶ座り姿勢が続くと股関節はガチガチに固まってしまいます。固まったのが普通になり癖のように屈曲した状態になります。※股関節の屈曲は膝が骨盤に近づく動きです。これ...

2016年度全日本鍼灸学会北海道大会に参加した。この中で二日目のパネルディスカッションで井須豊彦先生の「腰痛治療における医療連携」のお話は大変記憶に残った。上殿皮神経障害の手術の模様が動画で公開された。この時の上殿皮神経障害は上殿皮神経が筋肉の影響で引っ張られたり、締め付けられたりされて、腰に痛みが出ている症例でした。井須先生は、局所麻酔を用いて顕微鏡下で押して場所を確認し締め付けている筋膜を切っ...

腰痛の方は体の歪みを持っています。筋肉が緊張して引っ張られてバランスを取っています。腰痛を改善するには、その原因となっている、緊張して固くなった筋肉を、ゆるめる必要があるのです。その筋肉は、何層にもなっていて、特に体の土台となる骨盤や背骨を支えている筋肉は、姿勢保持筋。姿勢保持筋は体の奥の方、深い部分にある深部筋です。重力に対して体を支えていたり反対側に体を傾けた時に倒れないようにバランスをとって...

主訴はぎっくり腰手前の腰痛で来院。腰痛の原因もいろいろで腰に問題があるというより腰に症状が出ているといったほうが正しい時があります。この場合も腰に問題というより盲腸の傷痕が影響していると思われました。もう50年前に手術した箇所が寒くなったり気候の変わり目で痛みが出てくるという悩み。寒い日が続いているので相談されました。■患部の状態・傷痕はケロイド状態ではないのですが小さい時の手術なので盲腸にしては...

ダンスなどで動いている方でも、じっと座りデスクワークをし続けても負担のかかる場所のひとつに股関節があります。股関節が痛くなった方や、健康の為にダンスや運動をして数日後、股関節が痛くて足が上がらない方や開かない方等がいらっしゃいました。・人の脚の左右の長さは違う・骨盤が歪んでいるなどと言われた方もいらっしゃると思います。これは筋肉バランスが悪い状態です。その結果腰痛や、足が上がらない、開くと痛いなど...

朝起きる時に腰が痛むというスポーツ関係のお仕事の方の腰痛です。起きて少し動き出すと大丈夫なんだけどと相談を受けました。動き出すと平気という方はよくある状態です。毎日動きの多いお仕事の方なので疲労が溜まりに溜まった状態です。腰痛は一度疲労がピークに来ると改善するには少し時間がかかります。我慢強い腰の筋肉であります。全体的に指圧でチェックしてみるとやはり腰の部分がコルセットをはめているのではないかとい...

腰部脊柱管狭窄症は背骨の後ろ側を通っている脊柱管が細くなって起こる病気です。脊柱管は親指ほどの太さの間でその中を脊髄神経が通っています。脊柱管が狭くなるとこの神経が圧迫されてさまざまな症状を引き起こします。この病気の発症には加齢や姿勢が関係しているといわれています。脊柱管は加齢とともに細くなりますが特に姿勢の悪い人は症状が出やすくなります。当院では、腰の牽引、指圧での整復法とお灸を併用しています。...

腰痛と膝はとても深く関わりあっています。膝は関節の中でも最大に大きい関節です。歩く、走る、飛び上がるなど人が移動や運動をするときに重要な働きを果たします。真っ直ぐに伸びた状態の時から正座をして極度に曲げた状態まで大変大きな動きを行います。病院の整形外科や骨接ぎ(接骨院)に来院される方で膝の痛みで来院されなる方は腰の痛みの患者さんについて多いと思われます。これは人が2本足で立って歩いたり走ったりする...

骨盤の奥が凝って仕方がないという方がいました。その症状は数年前から始まっています。そのコリにより腸骨が引っ張られる感じがするとの訴え。そけい部から膝の内側まで冷えを数カ月前から強く感じるようになった。5度目の施術の時、症状の戻りが早くので問診をし直してみた。20年以上前に出産した時、会陰切開をしたということを思い出した。これが引き金になっているのではないかと推測しました。腰部をもう一度チェックして...

筋肉の痛みの半分以上は、痛んでいるとされる場所と全く違う場所にあります。肩凝り、肩の痛み、背中の凝り、腰痛、脚の痛みに感じているのにです。それはトリガーポイントと呼ばれているものです。問題点の1つといっていいポイントです。トリガーは引き金という意味です。ポイントは場所。引き金となって問題が起きる場所がトリガーポイントです。実例としてよく肩凝りを扱いますが凝ったと指摘される場所に指圧をしたりマッサー...

腰痛は、日常の動きで発症することが多いものです。一日の行動を見直すだけで腰痛が改善されることも多いのです。◆ 原因がハッキリしている場合は原因を取り除くことが大切です。◆ 腰痛の予防は日常にあり!わたしたちの1日は起床から始まり就寝までの間食事や掃除、仕事、買い物などや仕事の動きある程度の生活パターンが出来ています。この毎日の生活の中に腰痛を引き起こす「悪しき習慣・癖」が潜んでいます。これを直して...