腰痛の予防は日常にあり

腰痛を引き起こす「悪しき習慣・癖」に気がついて解消する

腰痛は、日常の動きで発症することが多いものです。
一日の行動を見直すだけで腰痛が改善されることも多いのです。

 

◆ 原因がハッキリしている場合は原因を取り除くことが大切です。
◆ 腰痛の予防は日常にあり!

 

わたしたちの1日は起床から始まり就寝までの間食事や掃除、仕事、買い物などや仕事の動き
ある程度の生活パターンが出来ています。
この毎日の生活の中に腰痛を引き起こす「悪しき習慣・癖」が潜んでいます。
これを直していくこと、これこそが腰痛の予防薬なんです。

農家の弟の腰痛は前屈みやしゃがんでの作業が多いための慢性筋肉疲労

前回帰った時に指圧をしてきました。
農家の弟の腰痛は前屈みやしゃがんでの作業が多いのです。
そのために前屈みで多用する腸腰筋の疲労が多くなる。
この作業は、収穫ピークの秋にかけて多くなります。

 

春は苗を育てるために前かがみ。
初夏は、まだまだ苗が育ちきらないので前かがみ。
時間差で苗を育てて前かがみ。

 

収穫期は、選定で前かがみ。
この前かがみは腸腰筋をひどく疲労させます。

 

この作業は農家ばかりではなく前屈みの多い仕事なら誰にもある腰痛の原因となります。
介護士さんや看護師さんにもよくある症状の一つとなります。

 

太ももの前側の疲労とともに腸腰筋の疲労を解消させるとしつこい腰痛がかなり改善します。

 

 

毎日の作業なので疲労を予防するストレッチを毎日加えると毎日が快適になります。
腰痛は予防が最大の治療だと思います。

 

指圧での治療法

 

まず全体的に歪み具合を診るために全体的に指圧して確認します。
足のツボと腰のツボの状態をチェックします。
そのツボで改善するかどうかチェックします。

 

腰痛も原因によって問題点となる場所が変わります。
その場所と関係している場所の相関関係を確認しながら整体指圧をします。

 

※炎症による腰痛はすぐに改善をしないことが多いのですが炎症が早く収まるように処置します。


腰痛の予防は日常にあり関連ページ

腰痛 原因
腰痛の原因を紹介します。。
腰痛の分類と鍼灸・指圧の適応
鍼灸・指圧に効果的な腰痛を紹介しています。
腰痛でお悩みの方へ
私の腰痛施術での考えです。
前屈み作業の多い腰痛と指圧・鍼灸
姿勢の悪さや運動不足などによって骨盤がゆがんだりズレたりすると、冷え性や生理痛、不妊、便秘、肥満などの原因となります。
腰部脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症について紹介しています。
デスクワーク 腰痛
デスクワークでの腰痛対策と施術のご紹介をしています。
ドライバー 腰痛 東京
ドライバーに多い腰への負担や運動不足などによって骨盤がゆがんだりズレたりする腰痛について紹介しています。
看護 介護 腰痛
前屈み作業の多い看護師、介護士の方の腰痛
椅子から立ち上がる時に痛む腰痛
椅子から立ち上がったときに起きる腰の痛みについて説明します。
妊娠中の腰痛と指圧
妊娠中は、腰痛が出やすいものです。マッサージや指圧について紹介しています。
指圧と鍼での慢性腰痛対策
姿勢の悪さや運動不足などによって骨盤がゆがんだりズレたりすると、冷え性や生理痛、不妊、便秘、肥満などの原因となります。
足首の捻挫から急に腰痛
足首の捻挫から腰痛になることもあります。。
股関節型腰痛
姿勢の悪さや運動不足などによって骨盤がゆがんだりズレたりすると、冷え性や生理痛、不妊、便秘、肥満などの原因となります。
原因不明といわれた腰痛
上殿皮神経障害は上殿皮神経が筋肉の影響で引っ張られたり、締め付けられたりされて、腰に痛みが出ている症例
腰痛と腸腰筋
腰痛を改善するには、その原因となっている、緊張して固くなった筋肉を、ゆるめる必要があるのです。
盲腸手術痕の腹部の冷たい感覚
50年前に手術した箇所が寒くなったり気候の変わり目で痛みが出て来るという悩み。
股関節が引っかかる
健康の為にダンスや運動をして数日後、股関節が痛くて足が上がらない
うつぶせになると腰が浮く
起きて少し動き出すと大丈夫なんだけどと相談を受けました。 動き出すと平気という状態の腰痛です。
腰部脊柱管狭窄症 指圧療法
発症には加齢や姿勢が関係しているといわれています。 脊柱管は加齢とともに細くなりますが特に姿勢の悪い人は症状が出やすくなります。
腰痛と変形性膝関節炎
腰痛と膝はとても深く関わりあっています。 膝は関節の中でも最大に大きい関節です。
そけい部の冷え骨盤のねじれ感
コリにより腸骨が引っ張られる感じがする
背中の痛み 傷のうずき
筋肉の痛みの半分以上は、痛んでいるとされる場所と全く違う場所にあります。