デスクワーク 腰痛 東京

デスクワーカーの腰痛対策と施術(指圧と鍼灸)

1日の1/3以上ディスクワークの人は、眠っている時間と同じくらいか、それ以上を椅子の上で過ごしていると行ってもいいかもしれません。

 

デスクワークなどで腰が重くなったり痛くなる方は、多いものです。
それは、座った姿勢で腰にかかる負担が大きいからです。
体重の60パーセントも腰に腰に負担がかかるそうです。
長い時間のディスクワークになると姿勢が崩れてしまいます。

 

負担のない姿勢にカラダが動くからです。
これが体にとって違う負担となって腰に影響してしまいます。
腰に負担のない姿勢は、集中力や仕事にを向上させます。

 

腰痛対策になる方法

  • 腰に来る負担を軽くする:骨盤を負担のない位置に整える

    自然と背筋がピンと伸びて腰も真っ直ぐになります。

  • クッションを利用してみる
  • 足置き台(フットレスト)を利用してみる

デスクワークでは、骨盤が立つ姿勢が背筋が伸びてしかも腰に負担の少ない姿勢となります。
骨盤が立つ座り方。これは、クッションなど工夫すれば可能です。
腰痛予防となりますがそもそもバランスが崩れ筋肉疲労が起きてからは、修正しにくいものです。

 

最近では腰が立つ座布団やクッションが売られています。
足を60〜90度くらい開いて、馬に乗るように座ります。
自然と、良い姿勢になるはずです。

 

足を開いて座るということ

腸腰筋

 

座り仕事で負担をかけてしまうのが腸腰筋です。
大腿骨の内側と腰椎を結ぶ筋肉です。
足を開いて上体を引き付けようとすると、腸腰筋が引っ張られ自然と背骨を引っ張り、よい姿勢をつくることができます。
腰に負担が軽減すると集中力がアップします。

 

座り仕事での腰の負担(腸腰筋)は、冷えや、足のムクミにも影響します。

 

テラフィあけぼの橋では、このタイプの腰痛では姿勢保持筋調整法を使います。
関連筋群の調整に加えて足首のツボによる調整で腰の慢性疲労状態を改善させます。
鍼を使うとより筋肉の柔らかさが改善しやすくなります。

 


デスクワーク 腰痛関連ページ

腰痛 原因
腰痛の原因を紹介します。。
腰痛の分類と鍼灸・指圧の適応
鍼灸・指圧に効果的な腰痛を紹介しています。
腰痛でお悩みの方へ
私の腰痛施術での考えです。
前屈み作業の多い腰痛と指圧・鍼灸
姿勢の悪さや運動不足などによって骨盤がゆがんだりズレたりすると、冷え性や生理痛、不妊、便秘、肥満などの原因となります。
腰部脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症について紹介しています。
ドライバー 腰痛 東京
ドライバーに多い腰への負担や運動不足などによって骨盤がゆがんだりズレたりする腰痛について紹介しています。
看護 介護 腰痛
前屈み作業の多い看護師、介護士の方の腰痛
椅子から立ち上がる時に痛む腰痛
椅子から立ち上がったときに起きる腰の痛みについて説明します。
妊娠中の腰痛と指圧
妊娠中は、腰痛が出やすいものです。マッサージや指圧について紹介しています。
指圧と鍼での慢性腰痛対策
姿勢の悪さや運動不足などによって骨盤がゆがんだりズレたりすると、冷え性や生理痛、不妊、便秘、肥満などの原因となります。
足首の捻挫から急に腰痛
足首の捻挫から腰痛になることもあります。。
股関節型腰痛
姿勢の悪さや運動不足などによって骨盤がゆがんだりズレたりすると、冷え性や生理痛、不妊、便秘、肥満などの原因となります。
原因不明といわれた腰痛
上殿皮神経障害は上殿皮神経が筋肉の影響で引っ張られたり、締め付けられたりされて、腰に痛みが出ている症例
腰痛と腸腰筋
腰痛を改善するには、その原因となっている、緊張して固くなった筋肉を、ゆるめる必要があるのです。
盲腸手術痕の腹部の冷たい感覚
50年前に手術した箇所が寒くなったり気候の変わり目で痛みが出て来るという悩み。
股関節が引っかかる
健康の為にダンスや運動をして数日後、股関節が痛くて足が上がらない
うつぶせになると腰が浮く
起きて少し動き出すと大丈夫なんだけどと相談を受けました。 動き出すと平気という状態の腰痛です。
腰部脊柱管狭窄症 指圧療法
発症には加齢や姿勢が関係しているといわれています。 脊柱管は加齢とともに細くなりますが特に姿勢の悪い人は症状が出やすくなります。
腰痛と変形性膝関節炎
腰痛と膝はとても深く関わりあっています。 膝は関節の中でも最大に大きい関節です。
そけい部の冷え骨盤のねじれ感
コリにより腸骨が引っ張られる感じがする
背中の痛み 傷のうずき
筋肉の痛みの半分以上は、痛んでいるとされる場所と全く違う場所にあります。
腰痛の予防は日常にあり
毎日の生活の中に腰痛を引き起こす「悪しき習慣・癖」修正!