mail tel

LINE登録していただくことで初回500円引きのクーポンをプレゼントします。

LINE

line

鍼灸、按摩指圧マッサージでよくある副反応


鍼灸、按摩指圧マッサージではよくある副反応というのがあります。
とくにこういった施術が初めてという方に多いです。

  • 目まいがする
  • 体がダルイ
  • あくびが出て仕方がない
  • 眠くて仕方がない
  • 痛みがはっきりした

1から4まではよくあるいい反応です。
2日くらい続く方もいますが心配しないでください。
痛みの場合は鈍さがハッキリする場合と刺激が強かった場合もあります。
心配ならご相談ください。

 

マッサージ指圧の圧すという刺激は皮膚の神経を介して全身の血液リンパ液の流れを良くして内臓の機能を整えホルモンの分泌を促す効果があります。
肩こりや腰の痛み等は、筋肉の緊張と疲労によって新陳代謝が悪くなるために起こることが多く神経や血行、リンパホルモンなどを刺激することで体を活性化しコリや痛みを解消することができるわけです。

 

また皮膚からの刺激が脳の自律神経の中枢や情動の中枢に伝わることで気持ちよく感じたり精神的にリラックスすることも可能にします。
ちょうどの中枢は快、不快を感じるとこでもあるので適切な手技が大切です。

どんな服装で行けばいいのでしょう?裸になったり恥ずかしい事はありませんか。


着替えはこちらでご用意させていただいています。
またそのまま受けて頂く場合はどんな服装でも構いませんが肌着を何枚も重ね着したりあまり厚着した服装でない方が良いでしょう。
ジーパンのような硬い生地も避けてください。
こちらもも感覚が伝わらなくなります。

 

和服のように重ね着をしていると圧が分散されるため指圧を受ける方も効果が少なくなってしまいます。

 

ブラジャーやショーツはすつけたままでも大丈夫です。
裸で治療を受けるようなことはありません。

食事や入浴の直前または直後に指圧あんまマッサージを受けてもいいのでしょうか。

揉み療治、指圧、鍼灸の施術前後は空腹でも満腹でもないのが大切です。
お腹だけは食後の物がいっぱい入ってるときは1時間位経ってからの方が良いでしょう。
お風呂に関しては前でも後でも構いませんがお風呂の後の方が体がゆるんで伸びていますので、より効果が高まるでしょう。

 

 

トップへ戻る