マブべえがおの会 資料

2003年は幼稚園での活動や高校での講演が多くありました。
またこの年に長沼の治療院を移転したこともあり大変忙しい年となりました。

 

2003年1月15日

1月15日は、風があって寒かったけど、晴れ
これは大切なことなのです。
何故なら、今日は、二階の畳の部屋での授業なのです。

 

大きな部屋で、暖房はないのです。
でも陽当たりがよくって、晴れたら暖かいそうです。
天は我らの味方をしてくれました。

 

勇んで学校に出かけました。
前回の授業は、時間が短かかったこともありましたが、生徒達の声を聞けませんでした。
今回は、2時限の枠をもらって、いろいろと生徒の気持ちを聞けます。

 

 

折角のタッチセラピーの授業です。
最初は大極が、個人個人の体のことを聞きました。
みんな、自分の体には関心があります。

 

自分の体のケアの仕方、そして体一般の注意点、最後に心臓の授業にと深めていきました。
みんな熱心に取り組みました。
圧巻は、最後にやった、自分の心音を聞くことです。

 

長沼トミ子の指導で、神妙な顔をして取り組む女生徒達。
恥ずかしかったのか、少し斜めに構えていました。
でも、聞こえた瞬間に思わずこぼれた笑顔。

 

ヤッターですね。あっという間に時間は過ぎました。
本当に楽しい1時間半でした。
今度の新学期から、どうやら学期ごとに六時限の枠をいただけそうです。
タッチセラピーの話の他に、自分の体を知る授業を展開していけたらと思います。

2003年1月27日

1月27日は、I幼稚園で、今年はじめてタッチセラピーの治療がありました。
インフルエンザの猛威のため、東京では、学校閉鎖まであるというニュースが流れている折り、わがスタッフもその影響で少なくなり、今回は、西川、土合、大極の最強?3人でのぞみました。

 

西川の健康講座は、風邪とインフルエンザと病院のかかりかた、薬のみわけかたと、タイムリーな話題もあり、始まる前から、何人かお見えになって待っていました。
回を重ねるたびに、てごたえを感じます。

 

今日のタッチセラピーは、体験を含めて11人、大人の調整は4人でした。
風邪で来られない人がずいぶんいました。
お大事に。でも、タッチセラピーを続けているお子さんは、確実に丈夫になってます。

 

皮膚のはりが出てきて、医院に行く回数が確かに減ってきていると、お母さん達のお話です。
アトピーのお子さんの中には、劇的によくなった方もいます。もっと、来てほしいというありがたい言葉も頂きました。
スタッフの確保と幼稚園の行事とのかねあいと、いろいろなことがあります。でも前向きに検討していこうとおもいました。

 

2003年2月9日

月に一回の教会での治療会。
子ども達もリラックスして来てくれるようになった。
アトピーのひどい子や疳の強い子が改善してくれることはうれしいものだ。

 

月に一回にも関わらず定期的に来てくれる人に感謝。
何よりの励みになります。
毎回来てくれるお母さんが、セミナーにも子どもを連れてきてくれた。

 

タッチセラピーが広まっていってくれていると思うとうれしい。
お母さん方の身体を観ていると、疲れた人が何と多いことか。
自分の身体の心配をしている暇もないようだ。

第三回マブベえがおの会主催講座

第三回マブベえがおの会主催講座は無事に終わった。
今回はいろいろな方に参加していただいた。
心理の方や保母さん、小児科の先生や鍼灸師の卵達。

 

お母さん達の参加もうれしかった。
特別講師の戸ヶ崎正男先生は前回伝えられなかったことを伝えたいと熱を持って参加していただいた。
感謝。

 

病とは何か?どのように関わることが出来るのか?
原理原則について子ども達を交えながら具体的に講義が進んだ。
戸ヶ崎先生のタッチセラピーが終わった後の子ども達の上気してリラックスした様子はとても参考になった。

 

その後お母さんの一人から連絡を頂き、あの後ウンチが何度か出てとても調子がいいといったメールを頂いた。
毎日子どもにタッチセラピーを行っているという。保護者の方たちにも理解され広まることが是非必要だ。

 

5月25日

緑が丘しおん教会での初めてのバザー参加に参加しました。
タッチセラピーと耳ツボダイエットで参加しました。
風が強い日でしたが晴天に恵まれました。まずまずの出だしでした。


県立八街高校の授業(国際ボランティア)

6月11日は、私達マブベえがおの会が国際ボランテイアの講座を受け持たせていただきました。
午後1時から始まって、2時40分までの2時限枠です。
私達にとっては3回目です。

 

でも生徒達にとっては、私達は初めての人です。
自己紹介をかねて、子どもの家の小山道夫氏との出会い、ベトナムに行く度に見聞きしたことから私達が考えたことを話しました。
小山氏のように、共に考え、感じ、行動するボランテイアが、援助される側が自立できるボランティアだと思います。

 

固い話の後は実技です。
外国にボランティアにいって体調を崩した時の対処の仕方を、温灸を使いながらやりました。
最後は定番の心臓の話です。その後に自分の心音を聞きました。
体に注意を向けることを今迄あまりやってないようです。

 

皆初めての経験に目をキラキラさせていました。生徒の集中力に引きずられたのでしょうか。
長沼、土合、大極は、楽しくて楽しくて、写真を撮るのも忘れていました。
終わった時皆で、アー楽しかったと思わず言ってしまいました。

 

素敵な出会いでした。八街高校の生徒達の感性のよさ。
授業を設定してくれた学校の先生方のお骨折り、そしてJASS(ベトナム子どもの家を支える会)のバックアップ、なによりチャンスを与えてくれた小山氏に感謝です。

 

二学期もやります。
今からワクワクしております。

 




6月14日は、代表の大極安子さんによる市川市立第一中学校で、特別授業

7月2日は母校の東洋鍼灸専門学校の一年生の自治会から見学の申し出があった。
場所は都内の移転したばかりの事務局。
子どもを連れての参加であった。

 

私たちが在学中の事を思い出す。
生まれて一歳未満の子どもを連れて千葉県の校長先生の自宅(今も当時もご子息の石野先生が鍼灸院を営まれていらっしゃる)や大阪の先生の所へ転がり込んだことを思い出す。

 

熱心な質問につい嬉しくなり時間が経つのを忘れてしまう。
とにかく石を投げてみるということを勧めた。
興味を持って石を投げてみると波紋は情熱に比例して拡がるに違いない。

 

あぁ懐かしい一瞬を思い出した。
人生は思ったより短いと実感しそうな今日この頃である。
技術は生き物である。受け継いだ技術は手を変え品を変えどこまで続くのだろうかとゾクゾクするくらいだ。

 

何者かの秘かなたくらみかもしれない。
病理学の梶田昭先生は、人間は不死であると話していたことを思い出す。
子孫というものを残した場合人間は細胞分裂において不死である。

 

技術もまたしかりと思う。
そこに参加出来たかも知れないと思うと技術学校に入学してよかったと思う一瞬である。

9月23日小児救急法のセミナーを開催

小児救急法のセミナーを開催しました。
バタバタと日は過ぎて講習会の日になってしまいました。
30人の定員でしたが三分の一の参加者でちょっとドキドキしました。

 

救急協会の講師の方が二人いらっしゃってくれました。
今回は特に小児乳児の救急法を取り上げて頂きました。
講習が始まりポイントを絞って話が進みます。

 

1時間が過ぎてからペアになってからの実技です。
大きな声で確認しながらの実技ですが、出来ると思っていた動作が出来ません。
最初成人の人の救急法の実技からです。

 

何度も見て覚えたように思っていましたが、注意を受けながら進みます。
気道確保も出来るつもりでしたができません。
何度か注意されながらやっと上手くいきました。

 

人工呼吸も実際の現場だと使えるかしらんと思います。難しい〜。
成人の後、乳児小児の救急法の実技が始まりました。
いちいち聞いていて覚えたと思っていた人工呼吸ですがほとんどの参加者は間違っていました。

 

講師の方に「そんな呼吸法なら子どもの肺を傷つけているよ」と言われハッとしました。
救急法で言われる成人とは八才以上です。
誤飲の実技はありそうなので何度も人形を使って出来たのは幸いでした。

 

 

もう一度少人数でセミナーの機会を作りたいと思います。
今度はみっちり8時間コースでと救急協会の方に勧められました。
救急の技術も年々進化しているので新しい情報を仕入れるということも大事と思いました。

10月24日千葉県立八街高校 国際ボランテイア講座にて

10月8日は、八街高校の国際ボランテイア講座に講師としていってきました。
とっても寒い日でした。
でも 気持ちはいつもながら熱いです。

 

メンバーは、長沼、土合、大極です。これに渡辺先生、小山耕太氏、小山道夫氏 がオブザーバーとして加わって下さり、授業に厚みが増しました。
私達が一貫して追っているテーマの一つである『体を知る』ことから見えてくること、そして様々な気づきにまで展開できたらという授業目標をたてました。

 

最初はケアを受ける人の立場に、自分の体を使ってなってみるレッスンをはじめました。
座ってみればすぐに3歳の視点になります。
目隠しすれば、目が見えないことを 体験できます。

 

車椅子にのせてもらえば、、ささいな段差がどう感じられるかわかります。
少し体の使い方を変えれば、意外なことに気付きます。
自分だけの視点をこえて 相手をおもいやる気持ちの練習です 。

 

社会人聴講生を含む13人の生徒達は本当に一生懸命集中してやってくれました 。
視点を少しずらすような簡単なことでも、意外性があるとこんなにも人を夢中に させるのですね。
学ぶ動機には、意外なことに出会うワクワクした感覚もたいせつなのだと改めておもいました。

 

本当に今回もあっという間に時間がすぎてしまいました。
授業の後は、小山道夫氏の講演会が、生徒の直訴で開かれます。
実はこの講座から、小山氏のやっているベトナム、フエ市にある「子どもの家」 に夏休みを利用したスタデイツアー に2名の生徒が参加したのです。

 

今日は応援に香蘭女学院の東さん(ツアー参加者)がかけつけて授業にも参加しました。
旅の後、いつのまにかたくましく成長した生徒達。
きっと素敵な講演会になると 思います。  (文責 大極)

 


2003年の活動関連ページ

マブべえがおの会 資料
マブべえがおの会の備忘録です
マブべのベトナム活動
マブべえがおの会の備忘録です
2001年 マブべの活動
マブべえがおの会の備忘録です
ベトナム2002年
マブべえがおの会の備忘録です
2002年国内での活動
マブべえがおの会の備忘録です