東京新宿にある整体指圧・鍼灸|テラフィあけぼの橋

喉のつまった感じや圧迫感、違和感を解消したいあなたへ

最近多い症状のひとつに喉のつまり感があります。
これはつばが飲み込みが悪い感じや引っかかったものがあると感じる方が多くなっています。

 

そんな違和感でお悩みの方に、その症状の原因や対処法、喉のこりや違和感と施術についての情報をお伝えしています。

 

 

 

喉の違和感の原因だと推測されるもの

\もともと私の指圧の流派が首の凝りにたいして特化された指圧でした。
その中で首こりがひどい人の一つの症状が「喉のつまり感」でした。

 

つばが飲み込みづらいという人もいました。

 

咳き込むようにされる方もいました。
指圧の後にその症状が軽くなることを臨床でよく経験しました。

 

その過程で首の筋肉のコリが原因の一つではないかと考えました。
すべての方が解消というわけにはいかないのですがある一定の確率で改善する方がいます。
首こり解消で喉の違和感が改善します。

 

ただしですが、首こりだけとは単純ではありません。
これは昔からある梅核気という症状です。
咽喉頭異常感症、昔はヒステリー球症候群とも呼ばれているストレスが関わっている症状の一つです。
耳鼻咽喉科での検査などでは診断される病名です

 

治療も漢方が処方されることが多いです。
来院される方に聞くと当院に来るまでに当然病院などで見てもらい処方されたりしています。

 

良くなる人もいれば全く無効という方もいます。
どこに原因があるのだろうと推測してみました。

 

 

 

 

喉のつまり感の実態

首こりが原因になっている場合。
自律神経が原因となっている場合。
喉に何らかのトラブルがある場合。

 

この三点を推測しています。

 

首こりが原因の場合

鍼灸や指圧でコリが解消すればいい確率で数回で解消します。
ただ首こりの原因となる環境が改善しないと一定周期で首こりが出てきます。

 

この首こりがひどくならないようにすることは可能です。

 

自律神経の場合

喉と食道の下の方では神経分野が違い、喉は意識して飲み込めるのですが食道が動きづらいと詰まった状態になります。

 

この場合は鍼灸でツボ刺激で試してみます。
自律神経の場合と前の首が凝った状態という複合の場合もあります。

 

この場合お時間がかかる場合がありますので定期的な通院をオススメしています。

 

 

喉に何らかのトラブルの場合。

これにはひとつの当院なりの基準があります。

 

・まったくストレスを抱えている覚えがない
・実際触っても首が緊張がない。
・首の手術で金属が入っていてその影響と考えられるもの。

 

 

この場合当院での施術が役立ちそうもありません。

 

喉のつまり感の正体

喉のつまり感を訴えられている方の場合の多くは、首筋が凝っています。

 

特に胸鎖乳突筋と斜角筋という筋肉です。
これは耳の下から首の付け根の鎖骨近く。
ここが異常に固く凝っている場合が多いです。

 

この筋肉は強いストレスを感じたり、その時に奥歯を強く噛みしめると緊張するところです。

 

 

 

 

30年前にはない姿勢

 

いま当たり前にあって30年前にはなかったもの。
それはパソコンです

 

パソコンは、画面を見るときに時間とともに顎が突き出た姿勢になります。

 

長時間の作業だとどうしても首周りを緊張させて疲労させてしまいます。
今は当たり前の悪い姿勢になっています。
この姿勢は気をつけましょう。
意識して姿勢を調整しましょう。

強いストレス

私たちは強いストレスを受けると首に力を入れるようです。

 

その緊張が肩を上げてしまいます。
人によっては歯を食いしばっているクセのある人もいます。

 

無意識に首の筋肉を緊張させているのです。
この緊張が続くと首にいつまでも解消しないコリが出てきます。

 

これが喉をしめつけて出てくる喉の違和感の原因のひとつです。

 

 

 

首こりの影響

コリも時間が経てば経つほどゆるみづらくなります。
リラックスしても緊張した状態です。

 

当然寝ていてもカラダに力が入った状態です。
この状態になると少し睡眠が浅くなってきます。

 

寝ても筋肉が休まらなくなります。
また寝違えたような状態や、いわゆる首が回らなくなる場合もあります。

 

首こりが強くなると集中力が落ちます。
動きたくないという人もいます。
筋肉が硬くなりますので柔軟性がなくなります。

 

柔軟性がなくなるとカラダの動きがギコチナクなったりぎっくり腰のような捻挫も発生するリスク増えます。

 

首には自律神経の星状神経節がありますのでいわゆる自律神経失調が起きやすくなります。

 

お腹の調子が悪い(便秘 下痢)
手足が冷たい 冷えが強くなる 
頭痛やめまい、偏頭痛が起きる
目の疲れがひどくなる 
目の奥が痛くなる
集中力が無くなりイライラや不眠などが起こります。

 

 

 

 

リンパ液の流れが悪くなる

首こりは、リンパにも影響します。
リンパの流れが悪くなると顔のむくみや頭がブヨブヨっとなったりします。
首のコリが解消すると顔が小顔になるのが分かります。

 

 

首こりの施術内容

 

私が行っている首の施術です。
首の施術はデリケートなところですが経験に基づいた施術です。
首の緊張が強いとすこし痛く感じる場合があります。

 

ほぐれてくるにつれて痛みが快感や楽になった感じに変わります。
首に関係してつながる経絡を参考に指圧します。

 

首が中心ですが腕、背中、骨盤、足なども調整します。
どちらか片方にバランスを変えて調整します。

 

そのサインは、確認しながらの作業です。

首のこりと喉のつまり感・違和感関連ページ

喉のつまり感の分類
喉のつまり感の分類してみました