首こりを解消して不定愁訴を解消

 

首コリと肩こりは筋肉疲労というより
持続的な緊張が解消されない状態です。
肩こりよく言われますが肩こりにはいくつかのパターンがあります。

 

それによって原因や解決策も異なります。
首コリや肩コリはいろいろな症状を出します。

 

 

 

・イライラ
・頭痛
・顔の神経痛
・歯の痛み
・喉のつまり

 

・目がなんとなく調子が悪い
・呼吸が浅い
・集中力がなくなる
・耳がつまる
・耳の奥が痛い

 

・不眠
・眠りが浅い
・寝た気がしない
・体がダルイ
・やる気が起きない

 

よく筋肉疲労と言われますが疲労というより異常収縮が改善しない状態です。
ずっと緊張しっぱなしという感じです。
肩もみで一時的には楽になりますが根本原因を解決しないとコリは、繰り返しやすくなります。

ストレスで起きる「首がまわらない」状態

よく借金で首が回らないという言い方をされますが
実際に強いストレスが多い人は首が回らなくなる人がいます。
ストレスと首コリには関係性があります。

 

ストレスの強い状態の時には噛み締めて頑張る人がいます。
また防衛緊張で首や肩に力を入れてしまう人。
私が一番多いと感じている状態は顎に力を入れて首にストレスをかけている人です。

 

また腰にストレスを受ける人もいますので緊張があれば腰に調整します。

 

 

事務職などのデスクワークの人が首コリを訴える場合
ストレスはもちろんのことですが、PCで目の疲れや
同じ姿勢で首に緊張させて緊張が戻らないという人が多いです。

慢性の首コリを分類してみる

○首の後ろ側に出るコリ

 

眼の疲労が強い人がよく緊張する場所です
鼻炎の人もここがコリます。
天柱というツボがあります。
崑崙というツボを使うと効果的です。

○首の横側にコリが出る首コリ

 

顎に力が入ってくびにコリを作っている場合が多いです。
ひじょうに強いコリを作ります。
軟骨のようにコリコリしたコリが出来る場合もあります。

 

コリを狙って鍼を滑るように刺入します。
とてもいい感じの鈍い痛みが出てきます。
この痛みは快痛です。

 

そして手足のツボに鍼してこれを改善します。
症状が改善されれば、顎が楽になり、首のこりは和らぎます。

 

○首の前側にコリが出る首コリ
胸鎖乳突筋という筋が過緊張します。
胸にある大胸筋という筋肉も緊張します。

 

呼吸が浅い状態の人にここの緊張が多いです。
足の胃経を使いつつ胸鎖乳突筋の過緊張を解消します。

 

 

ひどい首こりは鍼灸がオススメ関連ページ

肩こりの実際
よく来院されるひどい肩こりの実際です。
肩こりの原因を分けて見る
肩こりを分類してみた
肩こりがカラダのサイン
肩こりがカラダから発しているSOSだったら?
肩甲骨の内側がにぶく痛む
よく来院される症状第1位 首コリ・肩こりです
目の疲れと肩こり
肩こり解消で目の疲れも解消します。
頭痛と肩こり
首コリ・肩こりがひどくても頭痛が出ます。
肩こりのウンチク
どうでもいい肩こりの話
肩こりマッサージ
よく来院される症状第1位 首コリ・肩こりマッサージの紹介です