東京新宿にある整体指圧・鍼灸|テラフィあけぼの橋

首コリが起きる症状

 

・長時間での同じ姿勢をとることによる疲労
・歯ぎしり、食いしばり、噛み締めによる首への疲労
・目の疲れによる疲労

 

・疲労しやすい首の形状
(頚椎が一つ多い・撫肩・頚椎ヘルニアなど)

 

 

首コリが起きる症状

首コリの原因
上記がよくある原因ですが、首こりによる症状は多いです。

 

 首・肩のこりと痛みは、腰痛と同じくらい多く見られる症状といっても過言ではないと思われます。
この症状の原因の多くは首や肩周りの筋肉が緊張することが原因で起こると考えられます。
パソコン作業が多く、机に向かう時の姿勢など長時間に及ぶ不良姿勢が原因となることが多いです。

 

同じ作業で重い頭部を首や肩で支えるため筋肉がいつも緊張しています。
その結果、代謝不良を起こし、疲労物質の蓄積、発痛物質の出現により、こりや痛みが症状として現れます。

 

寝違えや筋違いなどによる首・肩の痛みも、筋肉の緊張が原因となることがあります。
睡眠時に不自然な体勢での長い時間の圧迫で首・肩周りの筋肉が変に緊張し、起床直後でなくても、その後ジワジワと症状(痛み)が出てくることも多いです。

 

 鍼灸・整体指圧では問題となっている筋肉、関節はどこかを調べ施術をしていくことで、症状を改善させると同時に、良い姿勢が取りやすくなるお身体作りをしていきます。

 

 慢性的な首・肩こりの症状でお悩みの方、急な寝違えでつらい方などに、しっかり施術・アドバイスを行なってまいりますのでおススメです。

 

首の問題に多い症状記事一覧

整体をしても肩甲骨内側や背中のコリ感がすぐに元に戻ってしまう

首のコリが強く整体をしても翌日肩甲骨の内側や背中のコリ感が元のように戻ってしまうことはありませんか?問題点が解消されていないいと凝り感は元に戻ってしまいます。もしかしたら胸鎖乳突筋の強い緊張が問題なのかもしれないです。20代 女性 事務職マッサージをしても翌日背中のコリが戻ってしまう。全体的に指圧を...

≫続きを読む

 

首コリに多い喉のつまり感

喉のつまり感で分類してみました。喉のつまり感は、何かが喉に引っかかってる感じがしたりつばが飲み込めない感じなど、 喉にある締めつけ感や異物感のことを指します。咽喉頭異常感症とも呼ばれていいます。漢方用語では「梅核気」、ヒステリー球ともといわれています。「梅核気」は、梅干しのタネがのどに引っかかってい...

≫続きを読む

 

喉のつまり感とエヘン虫

「えへん」と咳払いをせずにはいられない。検査しても異常はないことがほとんどです。喉に何も異常はないのに違和感がある。せき払いをしたい他には喉が詰まったり何か引っかかっている症状があります。鍼灸や漢方では喉のつまり感のことを梅核気と呼びます。古くからよくある症状です。ストレスが強い場合に出てくる症状で...

≫続きを読む

 

首コリによる目まい

メニエール氏病症候群は内耳性の病気です。繰り返すめまいに難聴や耳鳴りを伴うものです。以前こういう方が来院されました。耳鼻咽喉科でメニエール病症候群と診断された方です。軽いめまいは来院された時にあったのですが耳鳴りや難聴はありません。耳鳴りのないメニエール氏病症候群と言われて来院されました。・触診する...

≫続きを読む

 

首コリで脇の下の凝りが出ることがある

脇が凝っている人は意外と多いです。気がつかない人もいますが触ってみるとゴロっとした大きな凝りが脇下にあります。この凝りで万歳がしずらくなり手が挙がりづらい人もいます。長年首こりがある人の、多くが脇の下に強いコリをもっています。とここの凝り解消が首凝り解消にも役立ちます。テラフィあけぼの橋の首コリ指圧...

≫続きを読む

 

腕がだるくなる 首のコリ

数ヶ月前から首のコリがひどくなり、首を動かすと手がしびれたり方が重くなる。毎日ではないがいい日もある。腕もあげるとしびれたり痛くなったりするので脳の問題か五十肩ではないかと相談がありました。医療機関で先日レントゲンでチェックしもらうと頸椎が狭くなっているのでその関係ではないかと言われる。病院で牽引し...

≫続きを読む

 

水やツバの飲み込みが悪い

喉につまった感じがしてエヘン虫がいる感じがする状態のことを漢方では梅核気と呼びます。梅核気の原因は「気滞」と呼ばれています。これは様々な神経症状を合併していることが多いです。ある人は、「エヘン虫」となって現れたり水が飲み込みづらいといった症状なども出てきます。鍼灸の本には思慮が過ぎると脾を傷め脾気が...

≫続きを読む

 

首のコリ 肩が痛くてあがりづらい

左肩が痛くなった症例です。仕事マッサージ師。腕はよく使うので自分で指圧やマッサージで対処しましたが改善しません。肩に芯が残った感じが取れない。腕を動かしても横になって寝ても肩の不愉快な感じが解消しない。噛みしめがあり、首の付け根に負担をかけよく首と肩甲骨が重くなります。チェックすると上腕の肩に近い辺...

≫続きを読む

 

五十肩 首コリ

時折そういう方が来院します。肩こりの指圧でこの五十肩の症状は解消します!※もちろんホントの五十肩は時間がかかります。数週間で肩が痛くて痺れてきたという症状。手も後ろに帯を結ぶようにすると痛みが走る。首も回すとある一定の場所で痛みが走る。一見すると五十肩の様です。最初は車の中で後ろにある荷物を取ろうと...

≫続きを読む

 

肩甲骨のこり

肩甲骨内側の「こり」解消は要望の多い場所の1つです。肩甲骨の辺りの筋肉は首のコリでもあるので首周りの調整も必要です。また首の深いところにあるコリが肩甲骨内側にコリ感を出すことも多いです。肩甲骨のイヤな鈍いコリ感を解消するには、肩甲骨内縁ばかりではなく首回りの丁寧な指圧マッサージが効果的です。肩甲骨内...

≫続きを読む

 

背中のコリと肩甲骨の痛み

動くと肩甲骨辺りの縦の筋が痛くて眠れないという方が時々来院されます。珍しい症状ではありません。動くと痛い。動かないと痛くない。痛みには筋肉痛と内臓痛、脳が覚えている慢性痛があります。内臓痛は内臓から治さないとイケません。筋肉痛は動くと痛みますが慢性痛でも動くと痛みが出るものがあります。内臓痛が疑われ...

≫続きを読む

 

わきの下 首のコリ

首こりの人に多い症状の1つは脇の下のだるさがあります。首のコリを観察して多いのは脇の下にあるコリです。このコリがだるさを出しています。なので原発点は首と言っていいでしょう。来院する人の多くは歯ぎしりや噛みしめ食いしばり等顎のトラブルがありました。スポーツなどトレーニングで使っている場合も多いのですが...

≫続きを読む

 

トリガーポイント 頭痛

とある部分の筋肉が緊張して時間が経つと、トリガーポイントと呼ばれるコリが出来ます。コリが刺激されることで、離れた部位に痛みが出現します。頭や首の筋肉のトリガーポイントは、頭痛を出すことがあります。症状は緊張性頭痛とよく似ている場合が多いです。ここが問題で痛む場合も多いです。・胸鎖乳突筋のトリガーポイ...

≫続きを読む

 

デスクワークで出てくる頭痛

体を動かす仕事から、デスクワークへと仕事が変わってから肩凝り、首痛、頭痛がひどく吐き気もたまにあります。デスクワークで多くなるのがパソコン作業です。同じ位置の画面を長い時間見ていますとくびに負担が多くなり疲れてきます。以前は肩こり感、首こり感がなかったといいます。触って確認してみますと確かに筋質が柔...

≫続きを読む