顎関節のトラブル

鍼灸による頭痛治療と三叉神経の関係

鍼灸による頭痛治療と三叉神経の関係

鍼灸で治療する頭痛は、目の疲れや顎を動かす筋肉の過緊張が原因です。特に、側頭筋や咬筋などの筋肉が影響を受け、歯ぎしりや噛みしめによって三叉神経が刺激されることで偏頭痛が発生します。鍼灸と頭蓋骨・顎関節へのアプローチが効果的で、多くの良い結果をもたらしています。三叉神経は咀嚼や自律神経反射に関わる重要な神経であり、頭痛や目の疲れとも関連しています。

鍼灸による頭痛治療と三叉神経の関係

鍼灸で治療する頭痛は、目の疲れや顎を動かす筋肉の過緊張が原因です。特に、側頭筋や咬筋などの筋肉が影響を受け、歯ぎしりや噛みしめによって三叉神経が刺激されることで偏頭痛が発生します。鍼灸と頭蓋骨・顎関節へのアプローチが効果的で、多くの良い結果をもたらしています。三叉神経は咀嚼や自律神経反射に関わる重要な神経であり、頭痛や目の疲れとも関連しています。